Works施工事例

2014.05.20トイレ扉を開き戸から引き戸へ

仙台市太白区内の一戸建て住宅でトイレ建具入替えと玄関前の階段に手摺を設置しました。
廊下からつながるトイレに入る際、片開き戸の場合、開閉動作にスペースを必要としてしまいます。
片開き戸をかわす余分な動作が必要とされる為、トイレ内への引き込み戸へ変更し
トイレへの出入りをスムーズに行う事が可能となりました。
それにあわせて、トイレまでの廊下からの生活動線へ手摺を新設し、
トイレへの行き来を安心して行う事が可能となりました。

また、玄関前アプローチ階段も転倒する恐れがある為、自立式の手摺を新設しました。
10㎝位の階段でも、生活される方によっては、大きな妨げとなる為、
生活環境によって、修繕工事が必要となります。

種 別
専有面積
間取り
施工期間2日
家族構成
築年数
ご予算39万円
施行場所仙台市太白区

一覧に戻る