Works施工事例

2013.12.05部分的な防水メンテナンス

防水の不具合は躯体の劣化を早める恐れがあります。
マンションでは修繕計画の沿って改修工事が行われますが、劣化が酷い場合には
部分的の補修を実施することもあります。

今回はマンション共用廊下の防水の劣化が見られた為、側溝部分のみ防水作業を行うことになりました。
側溝の防水が劣化したままだと、躯体クラックの状況によりますが、爆裂欠損、エフロ発生など
躯体を傷める事になりますので、早めの対策が必要となります。

鉄扉などの鋼製建具も同様で、鋼製部分が傷んでしまっては建具の交換になってしまいます。
錆止め等の下地処理後、塗膜を新しくすることによって、建具自体の耐久性も向上します。

劣化状況によっては、部分的な鉄部塗装も必要になります。

種 別マンション
専有面積
間取り
施工期間
家族構成
築年数
ご予算35万円
施行場所仙台市太白区

一覧に戻る