Works施工事例

2014.05.10マンションのエントランス扉をテンパライトドアに交換

仙台市青葉区のマンションで、エントランス扉の交換工事を実施しました。
今回の工事では、サッシ枠をそのまま利用して、扉本体とフロアヒンジの交換を行いました。
扉は厚さ12mmのテンパライトドアです。
テンパライトとは、厚さが同じ板ガラスの3倍以上の耐風強度をもった強化ガラスです。
万が一、割れても安全性の高いガラスとして、マンションエントランスのガラスでは多く使われています。
フロアヒンジは使用頻度や年数によって、油漏れが発生し、扉の開閉速度の調整ができなくなってしまいます。
調整ができない場合、扉の大きさ・重量などによって、手足を扉にはさみ、怪我をする恐れがあります。

フロアヒンジが設置されているのに扉の速度調整ができない場合、油漏れなどの原因が考えられます。
使用頻度が多いマンションのエントランス扉の開閉が急だったりすると、入居者様が怪我をするリスクが高まるため、対策をおすすめします。

リフォーム、リノベーション、修繕など住まいのお悩み・ご相談はハートラインへ!

わかりやすい説明・安心価格で年間1500件の施工実績!
宮城・仙台で愛されて15年のハートラインが、無料で出張調査(南東北エリア)・お見積り、予算に合わせたご提案をいたします。
まずはお気軽にコチラからメールか、0120-4909-55まで「HPを見た」とご連絡ください。

種 別マンション
施工期間1日日
ご予算65万円
施行場所仙台市青葉区

一覧に戻る