Works施工事例

2021.08.19トイレの排水トラブルが起こった古い3点ユニットバスを交換【マンションリフォーム事例】

仙台市青葉区にあるマンションの、3点ユニットバスの交換事例です。3点ユニットバスとは、浴槽と洗面台、トイレの3点がひとつにまとまっているタイプのユニットバスです。

はじめは、便器内の排水が止まらないという不具合のご相談をいただきました。調べてみると、水を流すためにレバーを操作した際、流れる水量を自動で調節するフラッシュバルブが経年劣化にて不具合を起こしていました。
マンション自体が築50年近く、トイレに使用されているフラッシュバルブはすでに廃盤品となっており、交換による修理は不可能。また、会社事務所としても使っており訪問客もトイレとして使用するため、この機会に3点ユニットバス自体を交換することになりました。

新しい3点ユニットバスは、ハウステックのNJH1014タイプ。

トイレは、給水管から直接水を流すフラッシュバルブではなく、タンクタイプになりました。
カーテンを閉めていてもシャワー使用時などに濡れがちな床は、表面の微細な凹凸パターンで乾きやすい【プレーンフロア】。残った水を素早く広げ、さらに表面張力による水玉を作りにくくすることで水はけがスムーズです。
浴槽のまたぎ込みの高さも低くなっており、入浴時にバランスを崩さないよう配慮した高さになっており使いやすい造りになっています。

ユニットバスを入れ替えるにあたり、ドアの幅以上に壁を開く必要がありました。そのため、外側のクロスも貼り替えてあります。
掃除もしやすくとても綺麗な空間となり良かった、とお施主様からはお喜びの声をいただきました。

今回はそのまま入れ替えましたが、シャワールームとトイレへと分割リノベーションなどもできますので、お悩みがあればぜひご相談ください。

リフォーム、リノベーション、修繕など住まいのお悩み・ご相談はハートラインへ!

わかりやすい説明・安心価格で年間1500件の施工実績!
宮城・仙台で愛されて17年のハートラインが、無料で出張調査(南東北エリア)・お見積り、予算に合わせたご提案をいたします。
まずはお気軽にコチラの「無料相談・お問合せ」からメールか、0120-4909-55まで「HPを見た」とご連絡ください。

種 別マンション
施工期間4日
築年数47年
ご予算84万円
施行場所仙台市青葉区

一覧に戻る