Works施工事例

2013.12.05マンションの部分的な防水メンテナンス

防水の不具合は、マンションなど躯体の劣化を早める恐れがあります。
マンションでは修繕計画に沿って改修工事が行われますが、劣化が酷い場合には部分的の補修を実施することもあります。

今回は仙台市太白区のマンションで共用廊下の防水の劣化が見られたため、側溝部分のみ防水作業を行うことになりました。
側溝の防水が劣化したままだと、躯体クラックの状況によりますが、爆裂欠損、エフロ発生など
躯体を傷める事になりますので、早めの対策が必要となります。

鉄扉などの鋼製建具も同様で、鋼製部分が傷んでしまっては建具の交換になってしまいます。
錆止め等の下地処理後、塗膜を新しくすることによって、建具自体の耐久性も向上します。

劣化状況によっては、部分的な鉄部塗装も必要になります。

マンション・アパートの原状回復や修繕、空室対策のリノベーションなど管理不動産物件のお悩み・ご相談はハートラインへ!

わかりやすい説明・安心価格で年間1500件の施工実績!
宮城・仙台で愛されて15年のハートラインが、無料で出張調査(南東北エリア)・お見積り、予算に合わせたご提案をいたします。
まずはお気軽にコチラからメールか、0120-4909-55まで「HPを見た」とご連絡ください。

種 別マンション
ご予算35万円
施行場所仙台市太白区

一覧に戻る